Expert

専門診療のご案内

当院は町のかかりつけ病院でありながら、皮膚科認定医、循環器認定医、行動学医(大学教員)による定期診察による専門診療も行っており、より専門的な治療を受けていただけます。
診療をご希望される際は、当院の受付またはお電話にてお問い合わせください。なお、専門診療の受診の際は診療予約および診療費が別途必要です。また、今までの検査結果や治療履歴、内服中のお薬がありましたらご持参ください。

Dermatology皮膚科

わんちゃんねこちゃんの皮膚病は日常的に起こる疾患です。短期間で治る皮膚病もあれば、長期間にわたりなかなか治らない皮膚病もあります。皮膚のことで悩んでいませんか?あきらめていませんか?当院の吉田先生が解決いたします。

担当医
吉田 昌則 先生
所属
獣医皮膚科学会所属、皮膚科認定医、東京動物専門学校講師
趣味
お城めぐり
ご挨拶
皮膚科の診察を担当させていただいております吉田昌則と申します。
皮膚病の治療は時間がかかることが多いので、飼い主さまの負担も大きいかと思いますが、極力、痒みに苦しむ動物たちにも飼い主さまにも無理のない方法を選択しながら治療をさせていただきたいと思っております。
もし少しでも何か疑問に思うことや、困ったことがありましたら遠慮なくご相談ください。
診療日
隔週土曜日の夕方(16:00-19:00)
祝日の場合、午前中のみとなります
論文
吉田昌則、関口麻衣子、岩﨑利郎、西藤公司、多発性集簇性局面からなるコラーゲン過誤腫を認めたシェットランド・シープドッグの1例。獣医臨床皮膚科,2011
受賞
ロイヤルカナン主催 皮膚疾患クリニカルケースコンペティション優秀賞(2012)

Behavioural行動科

わんちゃんねこちゃんと一緒に暮らしていると、なかなかその行動を理解することができません。思うようにしつけができずにイライラしたり、人に迷惑をかけたりします。我慢してそのまま放置すると可愛がろうと思っていても可愛く思えなくなるかもしれません。あまり溜め込まずに専門家にご相談ください。当院ではドックトレーナーではなく、獣医学博士の大学講師が診察(カウンセリング)いたします。

担当医
茂木 千恵先生(獣医学博士)
所属
ヤマザキ動物看護大学 動物看護学部 動物看護学科講師
趣味
お菓子づくり
ご挨拶
わんちゃんねこちゃんは時に噛み付いたり独りぼっちにすると鳴いたりと飼い主さまにとって困った行動をすることがあります。行動治療カウンセリングではそういった飼い主さまにとって困った行動の原因を探り、最も穏やかで効果的な手法を用いてその行動を修正していきます。困った行動の予防のためには子犬子猫の頃からの正しい飼い方が大切です。子犬教室(パピーパーティ)にも是非ご参加ください。
経歴
2005年3月東京大学 獣医学研究科 獣医動物行動学研究室 博士課程修了 獣医学博士号取得 NHK学園「愛犬と暮らす」添削講師 非常勤講師、(株)Treats ペットライフアドバイザーを経て2014年4月より現職ヤマザキ動物看護大学動物看護学部講師
診療日
飼い主さまのご都合をお伺いして、調整いたします。行動学専門外来は事前に一般外来にて診察を行った後に専門外来予約をとります。
論文/学会発表
The Relation between Owner Personality Characteristics and the Dog’s Behavioral Patterns.(31st International Congress of Psychology)2016/07/26
The affiliative behavior of the dog during reunion with the owner correlated with the owners impression in a questionnaire.(The 49th Congress of the International Society for Applied Ethology)2015/09/16
犬における分離不安の徴候に関するアンケート調査(第12回日本獣医内科学アカデミー学術大会)2016/02/20
グルーミング実習モデル犬の行動傾向に関するアンケート調査(第11回日本獣医内科学アカデミー学術大会)2015/02/21
米糠発酵素材を含む犬用補助栄養食の有用性と満足度に関するアンケート調査(第13回日本ペット栄養学会大会)2011/10/15

Circulatory循環器科

近年ペットの高齢化は進んでいます。それに伴い、老齢性の心臓病をみることは当たり前になっています。しかし、一口に心臓病と言っても人間同様様々な原因と病態が存在しています。当然、診断技術や治療法も日進月歩です。当院では、よりきめ細やかな診断治療の提供を行う為に、世界最高水準の動物循環器病診断治療技術をもつJASMINEどうぶつ循環器病センターから水野先生を招聘してJASMINEと同レベルの診察ができます。

担当医
水野 壮司先生(獣医学博士)
所属
日本獣医循環器学会、日本循環器学会、日本再生医療学会所属、日本獣医循環器学会認定医、JASMINEどうぶつ循環器病センター
趣味
読書、心臓外科
ご挨拶
循環器診療を担当させていただく水野と申します。ご家族さまにも分かりやすい診療と説明を心がけておりますが、何かご不明な点やご不安な点がありましたらお気軽にお声がけください。
経歴
2003年 東京農工大学農学部獣医学科卒業
2003年〜2012年 千葉県市川市の動物病院にて一般診療に従事
2007年〜2012年 日本大学大学院獣医学研究科大学院研究生
2011年 日本獣医循環器学会認定医取得
2012年〜2014年 国立循環器病研究センター研究所にて人工弁および人工血管の開発研究に従事
2014年〜JASMINEどうぶつ循環器病センターにて循環器病二次診療に従事
2015年 麻布大学にて獣医学博士取得
診療日
毎月一度、木曜日
学位論文
水野壮司 「Evaluation of the existing treatment and development of a novel treatment device for canine mitral valve disease」 博士(獣医学) (麻布大学), 2015 年 6月
原著論文
1. Uechi M., Harada K., Mizukoshi T., Mizuno T., Mizuno M., Ebisawa T., and Ohta Y. Surgical closure of an atrial septal defect using cardiopulmonary bypass in a cat. Vet. Surg. 40:413-417, 2011.

2. Fujiwara M., Harada K., Mizuno T., Nishida M., Mizukoshi T., Mizuno M., and Uechi M. Surgical treatment of severe pulmonic stenosis under cardiopulmonary bypass in small dogs. J. Small Anim. Pract. 53:89-94, 2012.

3. Nishida M., Kagawa Y., Mizukoshi T., Mizuno M., Mizuno T., Harada K., and Uechi M. Post-mortem evaluation of expanded polytetrafluoroethylene (ePTFE) used in mitral valve repair in dogs. J. Vet. Cardiol. 14:307-312, 2012.

4. Uechi M., Mizukoshi T., Mizuno T., Mizuno M., Harada K., Ebisawa T., Tekeuchi J., Sawada T., Uchida S., Shinoda A., Kasuya A., Endo M., Nishida M., Kono S., Fujiwara M., and Nakamura T. Mitral valve repair under cardiopulmonary bypass in small-breed dogs: 48 cases (2006-2009). J. Am. Vet. Med. Assoc. 240:1194-1201, 2012.

5. Mizuno T., Mizukoshi T., and Uechi M. Long-term outcome in dogs undergoing mitral valve repair with suture annuloplasty and chordae tendinae replacement. J. Small Anim. Pract. 54:104-107, 2013.

6. Ebisawa T., Ohta Y., Funayama M., Yamano S., Mizuno M., Mizuno T., Kasuya A., Sawada T., Lee J., Mizukoshi T., and Uechi M. Plasma atrial natriuretic peptide is an early diagnosis and disease severity marker of myxomatous mitral valve disease in dogs. Res. Vet. Sci. 94:717-721, 2013.

7. Mizuno T., Takewa Y., Sumikura H., Ohnuma K., Moriwaki T., Yamanami M., Oie T., Tatsumi E., Uechi M., and Nakayama Y. Preparation of an autologous heart valve with a stent (stent-biovalve) using the stent eversion method. J. Biomed. Mater. Res. B Appl. Biomater. 102:1038-1045, 2014.

8. Kawajiri H., Mizuno T., Moriwaki T., Ishibashi-Ueda H., Yamanami M., Kanda K., Yaku H., and Nakayama Y. Development of tissue-engineered self-expandable aortic stent grafts (Bio stent grafts) using in-body tissue architecture technology in beagles. J. Biomed. Mater. Res. B Appl. Biomater. 103:381-386, 2015.

9. Kawajiri H., Mizuno T., Moriwaki T., Iwai R, Ishibashi-Ueda H., Yamanami M., Kanda K., Yaku H., and Nakayama Y. Implantation study of a tissue-engineered self-expanding aortic stent graft (bio stent graft) in a beagle model. J. Artif. Organs 18:48-54, 2015.

10. Funayama M., Matsui Y., Tajikawa T., Sasagawa T., Saito Y., Sagishima S., Mizuno T., Mizuno M., Harada K., Uchida S., Shinoda A., Iwai R., Nakayama Y., and Uechi M. Successful implantation of 2 autologous valved conduits with self-expanding stent (stent-biovalve) within the pulmonary artery in beagle dogs. J. Vet. Cardiol. 17:54-61, 2015.

11. Lee J., Mizuno M., Mizuno T., Harada K., and Uechi M. Pathologic manifestations on surgical biopsy and their correlation with clinical indices in dogs with degenerative mitral valve disease. J Vet Intern Med. 29:1313-1321, 2015.

12. Mizuno T., Kamiyama H., Mizuno M., Mizukoshi T., Shinoda A., Harada K., Uchida S., Lee JS., Kasuya A., Sawada T., and Uechi M. Plasma cytokine levels in dogs undergoing cardiopulmonary bypass. Res Vet Sci. 101:99-105, 2015.

13. Takiyama N., Mizuno T., Iwai R., Uechi M., and Nakayama Y. In-body tissue-engineered collagenous connective tissue membranes (BIOSHEETs) for potential corneal stromal substitution. J. Tissue Eng. Regen. Med. 10:518-526, 2016.

14. Mizuno M., Yamano S., Chimura S., Hirakawa A., Takusagawa Y., Sawada T., Maetani S., Takahashi A., Mizuno T., Harada K., Shinoda A., Uchida S., Takeuchi J., Mizukoshi T., Endo M., and Uechi M. Efficacy of pimobendan on survival and reoccurrence of pulmonary edema in canine congestive heart failure. J. Vet. Med. Sci. 79:29-34, 2017.
総説・解説等
1. 水野壮司,上地正実:「液状フィブリン製剤の紹介」Surgeon vol.74,pp.48-53, 2009
2. 水野壮司,上地正実:「猫の血栓塞栓症に対する tissue-Plasminogen activator(t-PA)製剤 による血栓溶解療法」動物の循環器,vol.45(2) pp.34-36,2012
3. 水野壮司,上地正実:「連載 循環器科の診療室 第6回 心拡大」Clinic Note,pp.66-79,2016
4. 水野壮司:「心原性チアノーゼ」 Veterinary Circulation No.18 pp.18-27,2016
5. 水野壮司:「僧帽弁閉鎖不全症の治療 【後編】-気になるあの病院の取り組み-JASMINE どうぶつ循環器病センターでの取り組み」 Veterinary Circulation No.22,pp.46-56,2017
実習等
1. 東京大学農学部獣医専修基礎臨床学実習Ⅱ(2017,2018年度)
TEL. 042-789-0567
電話受付時間 : 9:00~19:00 ※休診日を除く
〒194-0203
東京都町田市図師町1459-1 COZY HOUSE A

芝溝街道沿いにあります、図師大橋の交差点にある、
犬の足跡のマークの看板(オレンジ)が目印です。
また駐車場は10台完備しております。

■診察時間

受付時間 日/祝

9:00~12:00

16:00〜19:00

【お知らせ】
院長の外来診察は午前は11:30、午後は18:30で終了となります。
※受付時間ではございませんのでご注意ください。

【夜間救急】夜間対応病院はこちらをご確認ください