Guide

病院紹介

当院では、親切丁寧・明るく清潔をモットーに1.5次診療を進めています。

親切丁寧

人の気持ちが分からなければ動物の気持ちはわかりません。 言葉を話さない動物たちに寄り添うため、その飼い主さまである人に寄り添います。 そして人と動物が幸せになれるように誠心誠意サポートさせていただきます。

明るく清潔

当院にお越しいただければ、すぐにお分かりいただけると思います。 エントランスから待合室へお入りいただいても、掃除が行き届いており、嫌な臭いは全くしません。 その心は診察室から入院室まで同じです。 汚れや臭いに無神経な病院では正しい診療はおこなえません。そして、全ての診療はオープンです。検査や処置などは飼い主さまの前で実施いたします。

1.5次診療

検査医療機器は常に最先端高度医療機器を導入しています。また、特に皮膚科、行動科、循環器科に力を入れており、専門外来を行っております。 大学病院などの2次病院を受診される前に、敷居の低い当院をまずはご受診ください。もちろん提携2次病院とは太いパイプをもっています。当院では難しい検査や手術などはより高度な施設で行なう体制を整えています。

Message院長挨拶

院長の田村と申します。 子供の頃から獣医になるんだ!と決めて、黙々と勉強し、獣医大へ入り、獣医師免許を取りました。そして犬猫の診療を行い長い月日が経ちました。よく飼い主さまに聞かれます。「先生毎日休みなく大変ですね」と。あれ?大変?人から言われて気がつきますが、大変とか辛いとか思ったことはないのです。これを天職というのでしょう。この仕事以外に自分の生きる道は考えられません。毎日いつでも来院してくる動物のことを考えています。そして皆様が幸せでありますように・・・。

Infomation診療のご案内

■診療時間

受付時間 日/祝

9:00〜12:00

16:00〜19:00

【お知らせ】
駐車場完備、anicom保険、各種クレジットカード対応
院長の外来診察は午前は11:30、午後は18:30で終了となります。
※受付時間ではございませんのでご注意ください。

当院は予約診療制ではありません。受付順にお声かけいたします。獣医師を指名される際はご受付の際にお伝えください。
受付は診察券を出された順になります。 病状により診察順が前後する場合があります。初めてご来院の方はこちらをご確認ください。

※獣医師スケジュールや専門医の診療日については「診療の流れ」からご確認いただけます。

Emergency hospital救急病院

Affiliated hospital提携病院

  • Photo院内風景

Equipment機器紹介

  • DR(デジタルラジオグラフィー)
    :AeroDR1012(KONICA MINOLTA社)

    動物X線撮影も従来のフィルムを現像する方法からデジタルへ移行しています。一般的なデジタルX線撮影はCR(コンピューテッドラジオグラフィー)とよばれるイメージングプレートに画像を映し、それを取り出し、機械に読み込ませるという作業が必要でした。当院に導入しているDRはその先をいくシステムで、動物を支えながらX線照射を行うと、データはそのままコンピューター画像へワイヤレス転送されます。つまり動物を支える手を離す必要がありません。違う部位や違う角度で数回撮影を行う際に、次の撮影までの時間も短く、また持ち直す必要がないので、極めて動物への負担が少なく済みます。

  • 外科手術用シーリングデバイス
    :THUNDRBEAT(OLYMPUS社)

    数ある血管シーリングデバイスの中でも、最新のオリンパス社のサンダービートを導入。切開、剥離、シーリングをこのデバイスで操作できるため、鉗子の持ち直し頻度が減少し、迅速な外科手術が可能になります。難易度の高い腫瘍外科では最低限の出血に押さえつつ、高い操作性でトータル手術時間が30%減少しました。また避妊去勢手術において、サンダービートを使うことで、麻酔時間は50%減少し、血管結紮部の糸を使用しないため、炎症発生が少なく、極めて動物への負担がすくなく済みます。


  • 超音波診断装置:Prosound α6(アロカ社)

    腹部全域を広く検査する10MHzのコンベックスプローブ 浅い領域を高解像度で検査する13MHzのリニアプローブ 心臓検査を行なう5MHzのセクタープローブを装備し、カラードプラーを使用し血流動態から正確な診断を行ないます


  • 血液検査

    システムクラウド:検査情報管理システムはベットラボステーション、クラウド閲覧システムはベットコネクトプラス(IDEXX社)で一元化

    自動血球計算装置:
    プロサイトDx(IDEXX社)
    血液生化学検査器:
    カタリストDx(IDEXX社)
    内分泌検査器:
    スナップショットDx(IDEXX社)


  • 高圧蒸気滅菌器オートクレーブ:TA-34EV(東邦製作所)

    一般的な動物病院で使われているオートクレーブよりも大型で、手術の器具を2セット同時に滅菌できます。当院は外科手術が多いので、器具の滅菌が1度に2セットできるのは重要です。


  • ガス滅菌器:CH-190E(日東産業社)

    熱を加えられないプラスティックやゴム製の手術器具などが滅菌できます。フルオート滅菌機構により、有毒ガスが発生せず安全安心です


  • 凍結療法 :クリオペン

    凍結療法は、-89℃の液化亜酸化窒素(N2Oガス)を噴射し、繊維構造を保ちながら患部組織を凍結し細胞を破壊させ、標的とするイボなどを自然脱落させる方法です。この方法は安全かつ簡便で受入れられやすい方法で効果も良好です。一般的に、冷凍照射後30分以内に浮腫ができ、浮腫状態は4日間ほど残ります。目的とする細胞壊死は3日以内に明瞭となり、7~14日で壊死細胞が自然脱落します。従って、治療間隔は2~3週間が一般的です。麻酔が必要なく、出血もありません。


  • 内視鏡:消化管ビデオスコープCV-70 (OLYMPUS社)

    動物の医療現場では、慢性胃腸障害における内視鏡検査、異物誤飲における無開腹摘出術、胃チューブ設置手術などにおいて使用されます。当院では、描出モニターにアップル社の5K Mac画面を使用し、超越したクリア画像で目視することにより、より高度な診断と操作性を構築しています。内視鏡操作は院長田村の得意とする分野です。


  • 眼圧計:トノベット(M.E.Technica社)

    眼科疾患において、眼圧を計測することは必須です。当院では点眼表面麻酔を使わずに、動物が違和感を感じることなく、そのまま眼圧を測ることができるトノベットを導入しています。とても精度が高く再現性もあり、かつ簡単に測定できます。

TEL. 042-789-0567042-789-0567
電話受付時間 : 9:00~19:00 ※休診日を除く
〒194-0203
東京都町田市図師町1459-1 COZY HOUSE A

芝溝街道沿いにあります、図師大橋の交差点にある、
犬の足跡のマークの看板(オレンジ)が目印です。
また駐車場は10台完備しております。

■診察時間

受付時間 日/祝

9:00~12:00

16:00〜19:00

【お知らせ】
駐車場完備、anicom保険、各種クレジットカード対応
院長の外来診察は午前は11:30、午後は18:30で終了となります。
※受付時間ではございませんのでご注意ください。

【夜間救急】夜間対応病院はこちらをご確認ください